こんにちは、名古屋市を中心とした愛知・岐阜・三重などの東海地方で基地局設置などの電気通信工事を承っている株式会社ケーネットです。

みなさんは、電気通信工事と電気工事の違いをご存知でしょうか?
「よく違いが分からないな……」と首を傾げる方がほとんどかもしれません。
たしかに広く考えれば同じ電気を扱う工事なのですが、厳密にいうと電気通信工事と電気工事では担当する範囲が違います。
そこで今回は、『電気通信工事と電気工事の違いとは?』というテーマを取り上げて分かりやすくご説明いたします。

仕事内容について

まずは仕事内容から、両者の違いを比較してみましょう。

電気通信工事

電気通信工事で取り扱うのは、情報伝達領域電気設備工事です。
主なものとして、情報通信設備、情報制御設備、電気通信機械、電気通信線路、テレビの電波障害防除設備、防犯カメラ、火災報知器などがあります。

電気工事

電気工事には、建設電気工事と鉄道電気工事のふたつがあります。
建設電気工事は、一般住宅や店舗、工場、オフィスビル、発電所や変電所などの電気設備関連の工事を行い、鉄道電気工事は、電車に送電するための電気設備、安全システム、踏切など鉄道における電気設備関連の工事を行います。

電気通信設備工事と電気工事にはこのような区分があります。
重なる領域もあるため少し区分が難しい両者ですが、工事をするために必要とする資格は違います。

必要な資格について

ここからはそれぞれの工事に必要な資格についてお話しします。

電気通信工事

「電気設備工事担当者」は、電気通信回線と端末設備を接続する工事に必要な資格で、アナログ設備を扱うAI第1種~第3種とデジタル設備を扱うDD第一種~第3種があります。
またAI種とDD種を扱うAI・DD総合種もあります。
その他、電気通信ネットワークに関する工事や運用の監督責任者になれる「電気通信主任技術者」や電気通信工事関連の資格として新設された「電気通信工事施工管理技士」があります。

電気工事

電気工事を行うための資格が「電気工事士」です。
「電気工事士」には、第1種電気工事士と第2種電気工事士のふたつがあり、資格によって取り扱える電気設備が違います。

ここまで、『電気通信工事と電気工事の違いとは?』について取り上げました。
少しでもみなさんのご参考になれば幸いです。

目指せ!基地局工事のプロ

資格をお持ちの方を優遇!

電気工事士・第1級陸上特殊無線技士をお持ちの方を優遇いたします!
電気工事士・第1級陸上特殊無線技士の資格があれば、即戦力として働いていただけます!
もちろんスキルアップのための資格取得を目指すこともできる環境です。

将来性のある業界

電気通信工事業界は、極めて将来性のある業界です!
業務好調につき、一緒に働いてくださる方を募集しています!
株式会社ケーネットで、電気通信工事のプロを目指しませんか?
ご興味がございましたら、ぜひお気軽に求人情報ページご応募ください。

基地局の設置工事ならケーネットへ!

基地局の設置工事なら株式会社ケーネットにお任せください。
これまで実直に実績を積み上げて参りました。
まずはお気軽にお問い合わせください。

たくさんのご応募・ご連絡をお待ちしております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
携帯基地局工事・設置・通信工事は愛知県名古屋市の(株)ケーネット
〒481-0001
【本店】
愛知県北名古屋市六ツ師女夫越74番地3
0568-70-4493
【北名古屋事業所】
愛知県北名古屋市六ツ師町田131番地2
TEL 0568-39-5036
FAX 0568-39-5076
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー